コストダウン情報

NEWJI公式note

直接原価の削減

省人化・省力化設備導入による工数低減

組立作業工程の省人化省力化設備導入

複数作業工程の省人化省力化設備導入

加工作業工程の省人化省力化設備導入

省人化省力化設備導入による付帯作業効率化

調達方法見直し

工場生産品拡大による原価低減

生産移管による原価低減

商流変更による原価低減

生産体制の再構築

内製化による生産性向上

生産稼働率向上による効率化

出荷体制の再構築

工程改善による工数低減

仕様見直しによる作業効率化

作業改善による効率化

レイアウト見直しによる効率化

移動運搬作業による効率化

工程削減による効率化

仕様変更による原価低減

材料変更による原価低減

仕様変更による原価低減

不採算事業の是正

不採算設備の削減

生産拠点統廃合による効率化

調達価格の原価低減

主要資材の原価低減

主要仕入先の原価低減

​価格抑制の原価低減

生産工程別歩留まり向上

カット低減       資材ロス低減

工程ロス低減      接着剤ロス低減

塗装ロス低減

裁断ロス低減

加工ロス低減

市場クレームの低減

製造不良返品の低減 

製造固有費の削減

外部倉庫費用の低減

外注管理費用の低減

構内家賃の低減

修繕費の低減

電力費の低減

調達諸掛費用の削減

関税・諸掛費用の低減

貨物保険の低減

円ドル為替レート手数料低減

固定費の削減

業務の効率化

残業の削減

​自動化による作業の低減

コストダウン情報満載

logo.png

コストダウンに(原価低減)について考える

コストダウンは本来、コストリダクションと呼びます。

日本では和製英語であるコストダウンや、原価低減として使われることが多いようです。

 

コストダウンは、「買い方」「造り方」「仕様」「調達政策」のいずれかを変えることで前に進みます。

たとえば現行品の場合、より査定をしっかりおこなうことで価格調整が可能になるかもしれません。

さらに現場を確認し、納入(購買)条件を改善することで、価格決定要因が大きく変動する可能性もあります。

そして、そもそも代替可能な素材があれば、仕様変更によっては大幅な価格変動が生じることもあります。

これら全ての活動がコストダウンへとつながる行動となるのです。

また、集中購買や商流の工夫といった調達政策も、大幅な変動を可能にします。

担当者の交渉で変えられることから、部門・全社での判断が必要になることまで広がる可能性もありますが、

段階をわけて検討し、改善点を分析・提案をすることも調達購買担当者には求められてきます。

コストダウンには、以下のようにいくつかの方法があります。

あなたならどの方法で会社の利益を狙いますか?